エアコン掃除は価格0円で可能!?家にあるもので簡単お手入れ方法

こんにちは、のももです。

梅雨に入り、じめじめとして蒸し暑いのでエアコンを使い始めたご家庭も多いのでは?と思います。

 

しかしみなさん、エアコンの掃除ってしてますか?

ええ、うちはまったくもってしてませんwwww

 

めんどくさいといのもありますが、やり方が分からなかったり専用のスプレーを買ってきたりしないといけないし、業者に頼めばお金がかかるし・・・と躊躇する理由がさまざまです。

今年は幼子のいる我が家も今年こそはちゃんとやろう!と意気込んでおります。

 

というわけで、今日は以前テレビで紹介されていたのに録画してそのままだった、0円で出来るエアコン掃除についてまとめてみました!

なお情報源は2018年9月5日ニュースアップよりなるほどアップとなっております。

 

 

 

 

掃除方法その1 歯ブラシ4本でフィルターのごみを取る

まずは歯ブラシを4本用意します。

次に4本とも歯ブラシを横に並べ、持ち手の部分をガムテープで固定します。

これで掃除道具の完成です。

 

 

フィルターの汚れを歯ブラシで掻きだしながら、汚れが舞い上がる前に掃除機で吸っていくのがポイントです。

歯ブラシを使うことによって、フィルターを傷めずにきれいに掃除することが出来ます。

 

 

 

 

掃除方法その2 中性洗剤でフィルターを洗う

続いて中性洗剤を使ってフィルターを洗い流していきます。

先ほどの歯ブラシをここでも使っていきます。

油などが付いたしつこい汚れには、歯ブラシでこすった後に5分ほど置いておくとより効果的に汚れを落とすことが出来ます。

 

最後に洗剤を洗い流して乾燥させればおしまいです!

 

 

掃除方法その3 菜箸輪ゴム消毒液でエアコンの吹き出し口掃除とカビ予防

どれも家にあり使い古したものでOKです。

まずは掃除道具を作っていきましょう。

 

菜箸2本ともに布を巻き付け、輪ゴムで止めます。

これで掃除道具が完成です。

出来あがりは、ちょっと太くて大きい松井棒のようなイメージです。

 

あ、松井棒ってご存知ですか?

船越栄一郎さんとの離婚で大騒動を起こしたあの松井一代さんが発明したお掃除道具です。

最近は100円ショップでも売っています。

 

 

次に布の先端に消毒液を浸します。

これをエアコンの吹き出し口に差し込み、くるくるとまわしながら拭いていきます。

長い菜箸を使えば奥まで届くで、しっかりと掃除することが出来ます。

 

 

 

作業時間は10分程度、消毒液の効果でピカピカでカビ予防になります。

いかがでしょう?

あっという間に出来るので、忙しい日々でもちょっとした休日を利用してやりたいですね。

 

また消毒液ですが家に無くても薬局で安価で買えますので、コストも少なくて済みます。

 

 

 

それでも出来ない時の最終方法

とはいっても、それでも出来ない場合がありますよね。

家に小さなお子さんと二人の環境だったり、身体的な理由や高齢で難しかったり・・・

そういった時は外部サービスをお願いするのも手だと思います。

 

しかしお願いするのはエアコン掃除業者ではありません。

いわゆる なんでも屋 です。

 

 

こういった方々にお願いしてやってもらうという手もあります。

相場が1時間1000円前後のサービスですので、この方法でエアコン掃除をしてもらうついでに別のこともお願い出来てしまいます。

実際テレビで紹介されていたのですが、おっさんレンタルでエアコン掃除を受けている人がいらっしゃいましたね。

 

 

ただしプロにお願いしない以上、エアコンに損害があっても相手の責任を問うのは控えましょう。

それが嫌なら自分でやるか業者に頼むかです。

あくまで最終手段ですのでお忘れなく!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

めんどくさいエアコン掃除も10分で、しかもカビ予防まで出来てしまう方法を紹介しました。

今年こそ我が家もこれで掃除出来る・・・はずです。

 

うん、旦那がねwwwww