妊娠だけじゃない 人生のすべてがモヤモヤ

こんにちは、のももです。

もう12月になりますが、地域によって寒いところと暖かいところの差が出ていますね。

なのになぜに夏は全国どこも熱いんでしょうね・・・

 

に、逃げ場がない・・・

(ちなみに名古屋は東京の熱さが可愛いくらいの猛暑です)

 

さて、今回の漫画はちょっとシリアス回になります。

 

こうやって漫画にすることによって、ようやく自分の中で心の整理がついてきましたが、それまではずっとモヤモヤしたままでした。

 

 

きっかけは些細な一言

漫画にもあるように、モヤモヤのきっかけは義母でした。

我が家の事情を知っていたのにもかかわらず、子どもが出来るのに1年以上もかかったというような発言をされたのがきっかけでした。

決して嫌味や意地悪の意図はなく、スルッと出た言葉でした。

 

我が家の事情

私たち夫婦は旦那の仕事のスケジュールの関係で、入籍から1年後にしか新婚旅行は行けなかったのです。(繁忙期と閑散期の都合です)

そのことは二人でよく話し合って決めていたし、せっかく海外に行くのだから存分に楽しんでから

という家族計画でした。

 

また私たちは結婚式は特別会場を設けては行ってはいませんが、両家で正装して写真を撮りました。

いわゆる写真婚というものです。

見積もりや衣装合わせ、お互いのスケジュールの関係で写真婚をしたのも、入籍から約半年後…

 

もしこの間に子どもが出来ていたら、新婚旅行も写真も出来なかった可能性があります。

この選択は私たちには正しかったと言えます。

 

嫁は孫が出来る最後の砦?

義両親は子どもが好きです。特に義父に至っては、子供向けのボランティアに出かけるほどです。

 

ちなにみ旦那には年の離れた兄がいます。

義兄は結婚する気がサラサラなく、特にお付き合いしている人もおりません。

 

また旦那とは二人の男兄弟のため、孫が出来るチャンスは唯一つ。

息子が結婚して、嫁が子どもを産むこと

です。

賛否はともかく、女性は最悪子種さえあれば子ども出来ますからね…

男性の場合はそうはいかないでしょう。

 

今まで義両親は自分の兄弟や友人に孫が出来るのを何十年も見送ってきました。

だからこそ、ようやく息子(旦那)が結婚したので孫が待ち遠しかったのだと思います。

 

私はこの義両親の気持ちを共感は難しいですが、理解はできます。

現に妊娠中も気を配ってくださり、今も孫を本当にとてもよく可愛がってくださいます。

 

だからこそ、

モヤモヤしてしまう自分が嫌になってしまった

のです。

 

昔の人は不妊知らず?いいえ、そんなことはありません!

ご高齢の方や親世代が、不妊や治療に理解がないと言うことを時々聞きます。

(年代にかかわらず、デリカシーの無い人はヤルことやらなきゃ!とか回数が大事とか言ってくる人も居ますけどね)

でもそれってあくまで子宝に恵まれた人たちであって、時代を問わず昔から子どもがいない夫婦なんて普通にいたはずです。

桃太郎とか、昔話のおじいさんおばあさんもそうですよね?

 

生活環境やライフスタイルの変化、仕事やストレスなどで女性の体に負担が増えているのも否めませんが、基本的にはいつの時代でも自然妊娠が難しい人が一定数居たのではないかと推測します。

(科学的データがありませんので、あくまで私の推測です)

だから昔は~というのは、とてもナンセンスだと思っています。

 

さて、話が変わりまして義両親も実はなかなか子どもが出来ず悩んでいた時期があったのです。

義兄でも数年かかりましたし、旦那に至っては干支が一周するくらい、子どもが出来ない時期がありました。

そのため、子どもが出来ないという状況に無知や無理解ではありません。

 

そんな苦労を乗り越えたおふたりだからこそ、義母の一言が余計に違和感を覚えたのも事実です。

 

結局モヤモヤの原因は?

もし不妊治療が必要なら正直に言っていたのに、私が悩んでいると勝手に思われていたのでは?

結婚=子ども、結婚したらすぐ子どもが出来て当たり前という価値観の違い?

子どもを持つ持たない、そもそも要らない人と思われたいたこと?

 

いえ、単純に ショック の一言です。

何が嫌だったとか、理由は特になくてただ言い方がショックだっただけ。

 

こうやってエッセイ漫画にすることによって、ようやく心の整理がつきました。

 

妊娠だけじゃない、人生いつでもモヤモヤ

学生時代は成績、恋愛、友人、進学、就職

社会人時代は年収、結婚、肩書き

結婚後は夫、義両親、子どもの有無

出産後は子どもの成長速度、ママ友、仕事復帰、兄弟の有無

大きくなれば、子どもの成績、進学、人間関係、学費などのお金

成人すれば子どもの就職、結婚、孫の誕生

年老いたら体調、お金、介護

 

人生のステージが変わるたびに、マウントを取ってくる発言や些細な一言でモヤモヤすることがたくさんあると思います。

 

今回私は妊娠というステージで私がモヤモヤしただけであって、これからまた別のステージに変わるたびに何かしらモヤモヤするでしょう。

でもその感情は間違ってはいないし、こうやってエッセイ漫画や文字にしていきたいと思います。

 

もしこれを見たあなたがそれで救われれば嬉しいし、あなた自身も発信する側になってまた別の誰かを救うかもしれない。

 

そんな素敵ループが続いていくといいな、そんな風に思っています。