出産後に結婚指輪が抜けなくなった!!外しはめる前に確認して欲しいこと

こんにちは、のももです。

今回は私が出産以上に恐怖を感じた出来事を記事にしたいと思います。

 

既婚者のみなさん、結婚指輪されてますか?

ご職業柄指輪がNGであったり、サイズが変わって外してしまった方もいらっしゃるかと思います。

さて未婚の方やこれから指輪を買うという方には、ひとつ覚えておいてもらいたいことがあります。

 

 

結婚指輪はちょっときついくらいのを買うことになるということです。

 

 

第一関節で抜くのをちょっと手間取るくらいがちょうどいいのです。

しかしこのきつめの配慮が、時として悲劇を生むのです・・・

これは、もう少しで結婚指輪を切断せざるを得なかったかもしれない、そんな恐怖の話です。

 

 

 

臨月が近くなったら指輪を外せるか試してみよう

妊婦のみなさん、現在妊娠何カ月になりますでしょうか?

そろそろ予定日なのよねぇ…という方で、普段から結婚指輪をしているかたは日ごろからちぇっくしておいたほうがいいです。

 

その指輪、すぐに外せますか?

 

妊娠36週に入ると、いつお産がやってきてもおかしくない状態になってきます。

また母子の容態が急変する可能性も否定できません。

 

経膣分娩だろうと帝王切開であろうと、衛生上の理由から結婚指輪も含めて全てのアクセサリーを外さなくてはいけないのです。

 

そんな緊急事態に、指輪が抜けないとか更にパニックを引き起こします。

ぜひ!ぜひ日ごろからいざとなったらすぐに指輪が抜けるかチェックをしていてほしいのです。

 

特に妊娠後期は体重の増加やむくみなどから、抜けにくくなっていることがあります。

なんだか最近指がむくんでる気がする・・・という方は、いっそのこと外してしまうのも手です。

 

そして、外した後は保管をしっかりとしましょう!

軽く1カ月以上ははめることが出来ません。

でないと、私のように結婚1周年を満たす前に紛失することになります(油汗)

*指輪を無くした理由は仕事です

 

 

 

出産後すぐに指輪をはめられない

さて、つらかった出産も終わりました。

いよいよ指輪をはめるぞぉぉぉ!と意気込む前にちょっと待ってください。

 

1 入院中は指輪をはめられない

衛生や安全面からの理由です。

生まれたての赤ちゃんをお世話するのに、指輪の隙間にいるバイ菌が口に入ってしまう可能性があります。

また沐浴をする時など沐浴布をひっかけたり、に赤ちゃんの肌を気づ付けてしまう可能性もあります。

 

結婚指輪をはめるのは、少なくとも自宅に帰ってからにしましょう。

 

 

2 体のむくみが取れるまで時間がかかる

産後すぐ、ママの体はどのくらい体重が変わるのでしょうか?

赤ちゃん約3キロ + 胎盤&羊水約1キロ = 約4キロ

 

個人差はありますが、出産前後で一気にこんなにも体重が変化します。

でも、お腹以外の部分は減った気がしないんですよね。

妊娠によって増えた、おしりや太ももなんかの脂肪はまだそのままです。

 

 

そしてむくみもすぐにはなくなりません。

約1カ月前後ある悪露が終わった頃に、ようやくちょっとすっきりしてきたかなぁ~と感じるくらいです。

まずは体調を整えてから、指輪をしたようが良いです。

 

 

 

やってしまった私の失敗談

と、ここまで偉そうにアドバイスしてきたのももですが・・・

 

産後無理やり結婚指輪をはめたら抜けなくなりましたorz

 

 

それは1カ月健診を終えた日のことでした。

もういいかな~と何故か思い立って、結婚指輪をはめることにしたんですよね。

 

で、いざ指を通してみたものの…

ん?

ちょっときつい?

 

ええいままよ!

突っ込んだれぇぇぇぇ!!!

と無理やりはめたわけですが、これがアカンかった…

 

左薬指が痺れみるみる青ざめていくのです・・・・

 

手を上に向けていれば大丈夫なのですが、下に向けると血流が滞ってしまうようでした。

日常生活でも支障をきたすレベルです。

 

これはやばいと思ってすぐに外そうとしたのですが・・・

 

 

ぬ、抜けないぃぃぃぃぃ!!??

 

 

第一関節から一向に動きません。

無理やり外そうとすると、更に青くなる左薬指・・・・

オイルを塗ってみたり、クリームを塗ってみたりしてもダメでした。

 

指輪屋に行こうか?

いや息子を連れてはいけないし、買った指輪店は県外です。

 

紐で巻きつけたら出来るとネットで調べても、んなもん無い!

消防署で切断してもらおうか、いやこれ以上指輪紛失したら離婚問題になる!?

 

 

こ、これはマジでアカンやつや・・・

 

 

パニックになっていると、母があるものを差し出してきました。

 

そう

 

マーガリン!!!

 

 

これを指にたっぷり塗って、滑らせればOKと自信満々に言いました。

しかし既にオイルやクリームで滑らせても外せなかったので、疑心暗鬼でした。

が、母が強引に指にマーガリンを塗りたくってきました。

 

 

仕方なく泣きながら指輪を滑らせていると・・・・

いけそうな気がしてきた!!!!!

 

 

第一関節がどうしても痛いけれど、ぐっと我慢して・・・・

 

無事に外すことが出来ましたぁぁぁぁ(泣)

 

まぁそんなアホなことをしでかしたんですよね、わたくしw

というわけで、結婚指輪を産後すぐにはめるのはお勧めしません

 

かならず、かならずむくみがほとんど取れたことを確認してください。

そしてはめようと思った時にきつそうに感じたら無理にはめないこと!

 

どうか、どうか私の二の舞にはなりませんように・・・

 

 

指輪の外し方と最終手段

上手な外し方やむくみの取り方は私が今更紹介するよりも、もっと良質なサイトさんがたくさんあります。

私が参考にしたのはこちらのサイトでした。

 

指輪の上手な外し方のコツは?指のむくみはどうしたらいい?

 

 

記事の中にもありますが、何をどうやっても抜けない時は消防へ…とあります。

指輪を切断してくれるそうですが、切断した指輪って戻りませんよね…

大事な結婚指輪、自分の誤った判断で切断してしまうくらいならいっそしないほうがいいです。

 

だって、なんだか絆みたいなものが切れてしまう感じしますもんね。

 

 

まとめ

いかかでしたか?

ただでさえ出産や育児で大変な時期に、指輪が抜けないとなると本当にパニックになります。

日ごろからの確認をぜひお勧めします。

 

 

ちなみに、なんで私が無理やり指輪をはめたかといいますと…

普段ノーメイクにメガネ、シャツにジーンズとスニーカーとおしゃれから程遠い恰好な私です。

用事で一人で出かけることもあるのですが…

 

なんというか、ね。

 

地下鉄とかで一人でいるといるんですよね。

 

 

マウンティングしてくる女が!!!

だいたいが彼氏連れです。

 

うわだっさ~

あれ絶対モテないし彼氏いないわ~

可哀想www

 

 

って思ってるんでしょうね。

わざといちゃついてくるんですわぁ。目の前で。

 

 

まぁもうワシBLにしか興味無い枯れたババアなんで良いんですけどね。

あまりにうっとうしい時は、わざと指輪が見えるようにしてるんです。

 

その彼氏にとって、君は指輪くれるほどの存在なの~?って一人で内心逆マウンティングしてます。

 

 

こんなしょうもない理由です、すみません。