メタボな父が幼女に妊婦に間違えられた話。男だって油断禁物!

こんにちは、のももです。

今回は爆笑回になりますw

 

みなさん、お腹大丈夫ですか?

ぽっこり出てませんか? 実はひっこめてたりしませんか?

 

あんまりお腹が出ていると・・・こんな風に思われちゃうかも!?というお話です。

 

 

 

 

*漫画を描きなおしたので、差し替えました

 

これは我が父の身に起こった事件です。

まだ断乳前で、日々1時間おきに起こされる日々に疲れ果てていました。

ついに体調を崩してしまったため、実家に帰っておりました。

 

私の実家はマンションです。

エレベーターではほかの住民と会うこともしばしばあります。

 

 

それはとある晴れた日のことだったんですね・・・

両親が仕事に行こうとしてエレベーターに乗りました。

1回に着きドアが開いたところ、目の前にママさんと幼女がいたんですね。

 

で、何故か幼女は父の腹をじぃぃぃっと見つめるんですよ・・・・

そして目を輝かせて一言

しゅご~~い!!赤ちゃんいつ生まれるの!!??

 

 

言われた父は苦笑い

母は大爆笑

ママさんは焦りまくる

 

とりあえず父は幼女の夢を壊さないように、う~ん分からないなぁと濁してきたそうですw

 

 

 

何を隠そう、うちの父は超メタボです!

でも、デブでは無いんですよ。

手足や顔はすっきりしてるんです。

腹周りだけがぽっこり・・・・塊がついてる感じです。

 

 

だから間違えちゃったんですね・・・・

といいたいところですが、色々突っ込みどころ満載です。

もし今日のことを覚えていたとしたら、将来きちんと性教育を受けた時にきっと死ぬほど恥ずかしい思いをすると思います。

 

願わくは、幼き日の良き思い出となりますように・・・

無理かw

 

 

とにかく!

男性よ・・・聞こえますか・・・?

私は今あなたの頭の中に話しかけています。

もしメタボであるなら、今すぐダイエットをするのです・・・

 

でないと、罪の無き幼女にいらん期待を抱かせます・・・

 

 

 

 

 

*今回の漫画ですが、元の原稿データを紛失してしまったのでスクショにて公開してます。

後日書きなおしたものを公開しますので、今回はご勘弁ください~

あと漫画には本来居ないはずの私が登場してますが、オチのためとご理解くださいませw